○これまでの短時間ホワイトニングでは、、、

 
約300000ppmもの高濃度の過酸化水素水(H2O2)を使用するため、
施術中や施術後の「刺激感」や「痛み」があります。

 
高熱を発する「紫外線」や「プラズマ」などのライトを使用して
ホワイトニングを行った場合、歯の神経(歯髄)に対する
為害作用があります。


 
歯ぐきに対する為害作用があるため、
施術時は歯ぐきの完全なガードが不可欠です。

 
使用する薬が酸性(ph4)のため、
すりガラス状の人工的な白さになり、自然な光沢感がありません。

 
そのため、現在の主流は
約100000〜200000ppmの過酸化尿素 CO(NH2)2 を主体とした、
ご家庭でご自分で行うホームホワイトニングになってきています。

  
○ホームホワイトニングでは、、、

 
マウスピースのようなトレーを使用するので、
歯ぐきへの為害作用は少なく、
「刺激感」や「痛み」も少なくなっています。

 
歯の色の変化は、短時間ホワイトニングほどは変わりません。

 
効果に「ばらつき」があります。

 
どんなに短くても1日1時間(朝晩30分づつ)を1週間
続ける必要があります。





ファビュラス ホワイトニングは、、、 
  

ご自身の歯が本来持っている、
固有の白い美しさ
を引き出します。


 IMG_5051a.jpg
    
 IMG_5802a.jpg
   

薬液には約1/10の濃度である36000ppmの
過酸化水素と、
光触媒として二酸化チタンを使用しますので、
ほとんど「刺激感」や「痛み」を感じません。



光源には安全かつ効果の高い
480~520nmの可視光線が出るハロゲンに、
特殊フィルターをかけて発熱を抑制しつつ、
150Wの光量を実現した
Beyondを使用しますので、
約1時間という短時間で、
確実な効果が期待できます。



使用する薬液が中性(ph6.0)のため
光沢感と自然な透明感が得られます。



薬液が低濃度のため
歯ぐきをガードする必要はありませんが、
より安全を期すため、施術時には
歯ぐきをガードいたします。



1回の施術でも効果は期待できますが、
1週間おきに2〜3回行われると、
より確実に効果が上がります。



施術料1回¥2500(1歯当たり)