単に歯だけを診て、修繕を繰り返していく

従来の歯科医療とは異なり

現状の把握・原因・背景・環境・生活習慣や

その方の歯に対する想いに焦点を当て

そこから今後の予防につなげていく歯科医療を行います。


その原点は「患者さん自身のセルフケア」

「医院による健康管理」にあります。


セルフケアの方法は、誰でも本能で既に身に付いているものではありません。


自分の歯は自分で守るんだという強い気持ちと

専門家による正しい指導があって

はじめて習慣化されます。


そのためには、基本的な歯に関する知識を身につけた上で

まず、ご自身のお口の状態を、専門家である私たちと同じレベルで

よく把握していただくことが大切です。


そのために健口治療システムでは

まず緊急に必要な処置を行った後、

基礎的な歯科に関する知識を十分学び、理解を深めていただた上で、

従来の保険歯科医療では行うことのできない

『完全な検査〜デンタルドック〜』を受けていただく

ことからスタートします。


ご自分のお口の中の写真、歯型、レントゲン写真をみること

噛み合わせの状態をみること、歯ぐきの状態を把握すること等で、

これまでの原因を詳しく調べ、一緒に分析していきます。

 

それをお互い十分認識した上で、

今後の最善の解決策を考えていきます。


その方に最も適した治療計画を立案し、

ご説明させていただきます。


その後、患者さんと私たちが、お互いの責任を果たしながら、

治療を進めていきます。

 


治療の初めは、まず『予防プログラム』によって

お口の中の環境を整え、

その方に合ったセルフケアの習慣化を目指します。

 


次に『基礎治療』に入ります。

 

ちょうど建物を造っていくときに、

まず土台をしっかり造るのと同じように

順序立てて治療を進めていきます。


一部だけではなく、全体のバランスを考えた治療ですから、

噛み合わせも十分検討されます。


最終的には、余分なストレスのない環境

組織の抵抗力の増強


そしてお口の中の衛生環境見た目の美しさが確立され、

最初に立てた目標はここで達成されます。

そしてその後、良好になったお口の状態を

永く維持していくため

定期的に『メインテナンス』を行っていくことにより、

『歯は、他の臓器と同じように、生涯共にあるべきだ』

という考えが、現実のものになってきます。


このような一連の流れを

『総合健口診療システム』

と定義しております。